なぜ情○商○は爆発的に売りやすいのか?

この記事は2分で読めます

こんにちわ、セミリタイヤ実践者の暁です。
今回の記事は、情報商材について調べました。
是非とも、じっくりと読んで下さいね。

あなたも、ご存知かとは思いますが、
世の中の人が欲しい情報には、欲する理由があります。
その理由の1番は、欲求・悩み・コンプレックスに特化した商品であることです。
世の中には幾通りもの人々が混在しますが、ほとんどの人に共通しているのが、金銭的欲求と言われています。
・月に、あと5万円あれば・・・

・宝くじにて、○億円当てて・・・

・会社を辞めて、家でのんびり・・・

・好きなことだけして暮らし・・・

・南国に移住したい・・・

・家事・子育ての合間でも収入が発生したら・・・

と金銭的欲求は奥が深いのです。

そして「性的欲求」「見た目のコンプレックス(ハゲ・ダイエット)」なども需要がある。

その欲求を満たす。
そのコンプレックス・悩みを解決する。
これができれば、どれだけ人は幸せになるでしょうか。
その欲求を満たし、コンプレックスを解決させる商品こそ、「情報商材」、あるいは、電子書籍、E-BOOKと呼ばれるものです。
情報商材は、本屋さんに並ぶ一般書籍のインターネット版という形式で、薄利多売の一般書籍とは違い、高利少売という販売形式です。

価格は1,500円ほどの書籍に比べ、1万から、2万、3万円するものが多いです。

これはなぜかというと、一般書籍にくらべ、出版社での規制もなく、赤裸々に公開されている情報が多いからです。
そのため一般書籍のように薄利多売という販売形式だと、そのノウハウがたくさんの人々に知られ、効果が薄くなってしまう場合もあるという理由も挙げられます。

 

例えば、一般書籍だと

「このサイトを見てください。http://123456.com

と書かれていても、わざわざパソコンに入力して表示させなければいけないので、かなりの手間ですよね。
しかも、それが何個もあったら途中で本を読むのを中断させての作業になります。
しかし、情報商材のPDFファイル形式だと、
「このサイトを見てください。http://123456.com
となっていれば、クリックするだけで、そのサイトを見ることができます。
この機能がどだけ便利で使いやすいかは、今後、体感していただけると思います。
次の章で、情報商材に特化した威力を体感してもらうので覚悟しておいてください。
アフィリエイターにとっても、情報商材を販売するという条件は、PDFというファイルにノウハウをまとめて販売するという形式なので、販売に掛かるコストが一般書籍などに比べて大幅に安いので、かなり都合がいいんです。
次回の記事は、これからあなたが知ること・・・をリサーチして行きますので楽しみにしてくださいね。
最後まで、読んで頂いてありがとうございます。

では、次回のリサーチもお楽しみ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。