セミリタイアとスローライフについて

この記事は2分で読めます

こんにちわ、セミリタイヤ実践者の暁です。
今回の記事は、セミリタイアとスローライフについて調べました。

 

是非とも、じっくりと読んで下さいね

 

スローライフとは、長い人生をゆったりと楽しむ考え方なんです、セミリタイアもこのスローライフと同じ意味だと思います。

 

セミリタイアは、定年まで働き続けるのではなく、途中で会社を辞めて何かしらの形で自分の力で収入を得て、残りの人生を楽しんでいくという生き方の一つだと思います。

 

つまり、セミリタイアとスローライフは同じ考え方で、実に人間らしい生き方であると思います

好きでもなく、つらい仕事を毎日のようにしているのは、決して人間らしい生き方だとは言えないと思いますし、ストレスが溜まっていくと思います。

 

しかし、人間が生活していくためには、生活資金を稼ぐのが最低条件ですが、自分の身体を壊してまで働くのが良いかと言うとそれには疑問が残るので、スローライフを送るのは選択肢の一つであると言えます。

 

スローライフという言葉は、仕事以外で使われているというわけではなく、残業ゼロや有給休暇の消化などという姿勢も持ち合わせており、採用している会社は実際に存在しているようです。

 

現況では日本経済のの低迷による不況の煽りを受け、スローライフを実施していない会社が多いかもしれませんが、この発祥の地であるイタリアでは積極的に取り入れられているのです。

 

欧米諸国は日本と比べると、個人の人生を重んじる傾向があって、セミリタイアも日本と比べると欧米諸国の方が実施している人の数が多いという情報があります。

 

私の米国の友人の情報によると、

 

日本では、セミリタイアして働かない=ニートという考えを持っている方が多く、積極的には推奨されていない状況です。

 

しかし、欧米ではほとんどの方がセミリタイア(欧米ではアーリーリタイア)を希望しており、会社で働き続ける人生ではなく、スローライフを楽しむ運動が起っています。

 

それに、セミリタイアを決断してスローライフを選択したとしても、働かないというわけではなく、個人によっては自分で事業を行って副収入を得ているという方が多いのです。

 

日本では、企業に属し生計を立てる傾向が多い状況だと友人は見ています。

 

セミリタイヤで得るスローライフの選択は、自分の裁量で仕事を進めていけるところが、起業の大きな利点だと言えると思います。

 

誰でも簡単にというわけに行きませんが、チャレンジしたい事業があるならば、セミリタイアで得た時間を有意義に使うことをお勧めします。

 

また、スローライフを送るためにセミリタイアするならば、事前にどんな生活を送るかを考えておいた方が良いと思います。

 

実際にセミリタイアして時間ができ、いざ好きなことをしようとしても、計画を練っていないと時間を無駄にする可能性があるので、十分に注意しておいて欲しいと言うことをお伝えしておきます。
最後まで、読んで頂いてありがとうございます。
では、次回のリサーチもお楽しみ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。