セミリタイアと健康保険について

この記事は2分で読めます

こんにちわ、セミリタイヤ実践者の暁です。

今回の記事は、セミリタイアと健康保険について調べました。

是非とも、じっくりと読んで下さいね

セミリタイアをする方は、老後のことを考えて常にお金の管理を行っていかなければならないた
め、健康保険料をどのくらい支払わなければならないのか、事前に調べておく必要があると思い
ます。
貯蓄額や年金受給額などが、多くない方々は税金の支払いが悩みの一つです。

セミリタイアをしないという方でも支払い金額が
気になりますね。

その中でも健康保険は生活に直結する税金で、

定年退職時にはその恩恵を受けられ会社が諸手続
きを行ってくれる可能性があります。

しかし、自主退職をしてセミリタイアする場合は、全て自分で調べ諸手続きを行っていく必要が
あります。
そこで健康保険の簡単な説明なのですが、

健康保険とは病気、怪我、出産、死亡などの生活上の事態に備えるための公的な医療保険制度の
ことで、全ての国民が年齢の区別なく加入が義務付けられています。
一般的な健康保険は国民健康保険のことで、会社員や公務員でない方が加入します。
つまり、セミリタイアして会社を辞めた方は、この国民健康保険に加入の義務があり、病院で診
療を受けると3割負担の費用になります。
支払い金額に関しては自治体によって大きな違いがあるようなので、セミリタイア後は自分が住
む地域情報を事前にしっかりとリサーチすることをお勧めします。
私が調査した計算方法なのですが、前年で得た所得によって決まる所得割や、所得や資産で決ま
る資産割、加入者一人につき支払う均等割などを組み合わせて全体の料金が決定するという仕組
みになっています。
セミリタイアして仕事をしない方や個人事業主になって自営業を営む方も、いずれにしても国民
健康保険に加入することになるというわけです。
また、今まで勤めていたところの保険をそのまま継続できる任意継続被保険者というシステムも
あるようなので、国民健康保険料と比較してみて、安い方を利用するのが一般的となっているみ
たいです。

ただし、いつまでも任意継続被保険者になれるというわけではなく、最長で2年間という期限が設
けられており、その後は国民健康保険に加入しなければならないということも合わせてお伝えし
ておきます。
以上のように、セミリタイアしてフリーになったのであれば、健康保険に関する知識を得ておか
なければなりません。
加入していなければ、病気などの際に3割負担で治療を受けることができなくなりますし、加入す
るのが日本人の国民の義務なのです。

お金の管理を行っていくためにも、是非ともセミリタイアする前に、自分で調べるようにしてく
ださい。
最後まで、読んで頂いてありがとうございます。
では、次回のリサーチもお楽しみ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。